材料、部品等の素材の耐久性は期待どおり半永久的ですが、耐久性を阻害する使い方(たとえば、壁の中に結露水や雨水が侵入するなど)をすると壁材や構造材が腐ったりさびたりして耐用年数が著しく短くなります。

ロートアイアンのような強固な素材であればかなり長い間使えるでしょう。

もっとも、水分や熱に強い材料もありますが、施工が完全に行なわれていれば、普通の材料であっても、その素材の耐久性を発揮できるはずです。

このように考えてくると、快適性以外の安全性や耐久性は、必ずしもコストアップの要因とはならず、経済性に反しないはずです。

結局、経済性とのバランスを考えなければならないのは、快適性です。

前述した太陽熱や風を利用したパッシブソーラーや太陽熱温水器などをとり入れるのがよいでしょう。

いずれにしても、良心的で知識のある設計者・施工者に頼むことが、経済性とのバランスを実現する上で重要なポイントとなるのです。

考古学上の発見資料によると、明らかに、農耕や文字は数千キロも離れて住んでいた別々の人間集団によって、個々に発見されたということが証明されつつある。
だが、冶金術の場合はきわめて精巧な技術を必要とするので、この技術の経路は文明の発祥地から旧大陸全土へと伝播していったと現在でも考えられています。
冶金術の知識は近東から生じて、西方はヨーロッパ大陸に流れ出し、そこからイギリス諸島に及んだばかりでなく、東方はインド亜大陸にも伝わり、またおそらくは、まだ知られていない幾つかのルートを通って中国や東南アジァにも伝わったと見るべきでしょう。
ロートアイアンなどの金属の使用がたとえどのように普及したとしても、人間の火に対する知識の発達以上に貢献したものはほかにないでしょう。
それよりずっと以前に火が洞窟を温め、肉の調理に役立つことを知ったのと同じように、人間はおそらく偶然の機会から、銅のような金属に熱を加えると変形しやすくなることを発見したのでしょう。

12世紀末のロンドンのフットボールでは、競技をする者とそれを見物する者とがそれほど明瞭に区別されていなかったことが分かっています。
また、すでにその当時、フットボールはかなり激しく荒っぽい競技になっていたようです。
つまり12世紀末のフットボールは、工業化以前のイングランド各地で行なわれたフットボールと同じ特徴をすでに備えていたのです。
この頃には、すでにサッカーユニフォームの原型のようなものが出来上がっていたようですね。
さて、『禁止令』に出てくる「あの人気のある球技」がフットボールを指しているかは疑わしいとか、「あの人気のある球技」はフットボールではなくテニスである、といった意見もあります。
しかし、たとえそのような意見が正しく、フィッツスティーヴンの文章に出てくる球技はテニスであったとしても、中世のイングランドにおいてフットボールが人気を博していたことまでも否定することはできません。
・・・というのは、イングランドでは14世紀初めからたびたびフットボール禁止令が出されているからです。
ジェイムズ・ウォルヴィンは、『民衆のゲーム』と題されたすぐれたフットボール史研究のなかで
「19世紀までのフットボール史は、フットボールに対する抑圧の観点から書くことが可能である」
・・・と述べていますが、まさにイングランドにおける初期のフットボールの歴史は、繰り返し発布された禁止令の歴史であるといっても過言ではないのです。

言語中枢にあたるテレビの内部の機械は同じものであっても、チャンネルを切りかえることによって一時に1つのプログラムだけが写されます。
このように、子供の場合は、英語には英語の通路、日本語には日本語の通路が発達するわけです。
大人が外国語を学習する場合は母国語が介入します。
英語を聞いては日本語に訳して考え、英語を話そうとしてはまず日本語で考えてから英語に訳そうとします。
これは数秒毎にテレビのチャンネルを切りかえ切りかえして、2つの違ったプログラムを一緒に見ようとするのと似ています。
しまいには2つの番組が頭の中で混同してしまい、何が何だかわけがわからなくなってしまいます。
石川遼 英語と日本語を同時に使用することは大変な精神的エネルギーを必要とします。
間もなく消耗して頭の働きがにぶり、ことばへの反応時間が長くなります。
それはしばしば致命傷となります。

生物は栄養素摂取量の多少とそのバランスの如何とによっていろいろな変化を示す。
人間もまた同様である。
極端な栄養素不足により生物は死亡する。
その手前の段階では欠乏に由来する各種の病気がみられる。
どんな栄養素が(あるいはどのような組み合わせで各種栄養素が)不足しているかによって病状は異なる。
臨床的な健康障害とまではいかないまでも、検査をすると各種の生理的機能に変化のみられることがある。
このときの変化も栄養素の種類によってそれぞれ独特なものがある。
一見健康に暮らしている人でも、この段階の栄養欠陥をもっている人はかなりみられる。
摂取している栄養素の量が不足しているかどうかは、栄養素自体あるいは栄養素の代謝産物の血液・尿・毛髪中の濃度・排泄量を調べて見当をつけることができる。
栄養素の過剰摂取は、通常はエネルギーを中心に、それと同時に各種栄養素の摂取も増えるという様態をとることが多い。
また、不足しているビタミンなどモリンガをなどのサプリメントで補っている人もいるので、食事だけでは栄養の摂取状況は分からない。

大腸炎
【原因】
大腸炎は大腸に起こった炎症性疾患の総称で、病勢や原因、症状により病名が区別されています。
原因として細菌、ウイルス、腸内寄生虫などの感染、腸内の毛球、そのほかの刺激物、また、ストレスなどによる神経性の大腸炎もあるようです。
【症状】
病気の程度により症状はさまざまですが、共通して下痢があります。
特に重度の場合は激しい血便、欲不振が続き、脱水状態に陥ります。
腸重積症
【原因】
腸重積とは、腸管の一部が隣接する腸管内に入りこんでしまう(陥入・嵌頓)状態をいいます。
原因は激しい下痢を起こすような疾患や、食事、腸内異物、腫瘍などさまざまです。
【症状】
腹痛、周期的なしぶり、食欲不振、嘔吐、それらに伴う脱水などです。
腸重積症は自然に治癒することはまれで、多くの場合、緊急な手術により整復することが必要です。

イレウス
【原因】
イレウス(腸閉塞)とは、消化管内の内容物が何らかの原因で通過できなくなった状態をいいます。
原因で1番多いのは、消化できない異物などが腸管をつまらせる場合です(機械的イレウス)。
そのほか、まれに異物はなくとも腸管自体の麻痺や痙攣により、内容物が移動できなくなる場合もあります(機能的イレウス)。
ネコはイヌほど異物を口にしないため、発生率は低いようです。
【症状】
イレウスの第1症状は嘔吐です。
食物摂取から嘔吐するまでの時間は、閉塞部位が胃に近ければ近いほど短く、量も多くなります。
そのほか排便量の減少、血便、腹痛、元気食欲の廃絶、脱水、衰弱が見られます。
イレウスはできるだけ早く手術してもらうことが大切です。
下部の腸管だと、お腹をたんねんに触ると異物にふれることができます。

蟹純金に比較して単価が安いために、保管するのが大変。
一キロ買っても一万六〇〇〇円程度にしかならない。
ということは資産としては一トンもの量が必要になる。
これではトラックでも使わない限り移動できないし、保管場所の確保も大変だ。エグゼクティブトレードによると、現物の代わりに、先物を買うのはいい選択だ。
先物取引会社の言いなりにならない知識があることが前提になるが……。

好酸球性胃腸炎
【原因】
好酸球性胃腸炎は、好酸球と呼ばれる白血球が胃から腸にかけて異常に多く見られる胃腸炎をいい、アレルギー性の病気であると推定されますが、はっきりした原因は不明です。
【症状】
嘔吐、下痢、食欲不振および体重減少などで、治療し、一時的に治っても、再発をくり返す場合が多い難病のひとつです。
吸収不良症候群
【原因】
吸収不良症候群とは、長い下痢が続き、栄養状態の異常な低下を招く病気の総称をいいます。
原因は消化管の障害はもちろん、腸内寄生虫、膵臓、肝臓の障害、そのほか数多くの疾患によります。
【症状】
原因疾患により多様ですが、特徴的なことは食事は多いがだんだんやせてくることです。
それは持続性の下痢のため、栄養を吸収できないからで、しだいに元気、食欲もなくなり衰弱していきます。

幽門機能不全
胃から腸への出口を幽門といい、主に腸からの逆流を防ぐ役割をしています。
この幽門に障害が起こり、食べ物が正常に通過できなくなった状態を幽門機能不全といいます。
【原因】
先天的または後天的に発生する幽門括約筋の異常収縮、胃炎や膵炎に伴ったひきつれ、腫瘍そのほかによる幽門部の肥厚などがあります。
【症状】
噴出性の嘔吐が多く、そのほか胃の拡張、体重減少、脱水などがみられますが、一般的に食欲はあるようです。
したがって、食物は1度胃内に入るため、食後すぐに嘔吐することは少なく、それ以上進むことができな
いため、時間がたってから嘔吐をするようになります。
【看護】
流動食を与えますが、多くは外科的処置が必要です。
頻繁な嘔吐は食道炎の原因となり、より病状が悪化しますので早めに獣医師にご相談ください。

1 2 3