定期を持っている人はあまリメリットを感じないだろうが、都営や営団地下鉄の一日乗車券は、おトクに使える。

営団の一日乗車券は710円。

190円区間に4回乗れば760円だからもうモトはとれる。

ショッピングや食べ歩き目的であちこちの駅を利用したいときなどには便利だ。

いっぽう都當の一日乗車券は700円で、これは地下鉄のほかにバスや都電にも乗れる。

地下鉄の初乗り170円とバス210円の区間を利用すれば、往復760円で、これでしっかリモトはとれる。

この乗車券を有効利用できる機会は多いはず。

出かけるときには、すぐに日的地までの切符を買ってしまわず、どちらが得になるかよく比べてみよう。

一人、あるいは少人数で乗る場合は、タクシーは絶対小型にするべき。

料金が約5%安いので、近距離ならそれほど変わらないが、遠距離になればなるほどおトク度が増す。

さらに、残業が深夜まで続くことが多く、しょっちゅうタクシーのお世話になるような人なら、タクシークーポンを買っておくといい。

3000円、5000円、1万円といろいろな金額のものがあり、額面1万円のクーポンなら1万500円分乗ることができる。

金券ショップやチケットショップ、大手タクシー会社で手に入る。

旅行代金をとにかく安くおさえたいのなら、夜行バスでの移動がおすすめ。

新幹線より格段に安いし、目的地に早朝に到着するから時間も有効に使、える。

長距離バスといえば、他人と隣り合わせのぎゅうぎゅう詰めというイメージかもしれないが、

今は1席ずつ独立したシートでフットレスト付きのゆったりしたつくりが多い。

なかには、温かいお茶やコーヒーが飲み放題という車両もあり、快適に過ごせる。

できるだけトイレの近くや後ろのほうの席は避け、前方の端の席にしてもらうとくつろげる。

予約のときに希望を伝えてみよう。

帰省や出張などで飛行機をよく利用する人は、マイレージカードを持っておくといい。

これは、飛行機を利用した距離(マイル)が加算されていくシステムで、年会費無料のものもある。

JALやANAでは、パック旅行でもマイル数がたまるようになったので、今まで使わないと思っていた人でも持っておく価値あり。

もちろん、海外の航空会社にもマイレージサービスはある。

国内の会社で作ったほうが得か、海外の会社で作ったほうが得かは、その人がどの路線にどのくらい乗っているかで変わってくる。

頻繁に飛行機を使う人だったら、3年に1回ぐらいはタダで旅行できることになる。

今どき、航空券を正規の値段で買う人はいないだろう。

ビジネス利用は仕方ないとして、家族で旅行や帰省のために購入する場合は、少しでも割安になるチケットを探してみよう。

出発日の2ヵ月前から発売される「早割」などの事前購人割引や、特定の路線や時間帯だけ割安になるものなどいろいろ。

こうした割引制度は旅行会社のカウンターでもらえる「飛行機時刻表」などでチェックして自分に合うものを利用しよう。

材料、部品等の素材の耐久性は期待どおり半永久的ですが、耐久性を阻害する使い方(たとえば、壁の中に結露水や雨水が侵入するなど)をすると壁材や構造材が腐ったりさびたりして耐用年数が著しく短くなります。

ロートアイアンのような強固な素材であればかなり長い間使えるでしょう。

もっとも、水分や熱に強い材料もありますが、施工が完全に行なわれていれば、普通の材料であっても、その素材の耐久性を発揮できるはずです。

このように考えてくると、快適性以外の安全性や耐久性は、必ずしもコストアップの要因とはならず、経済性に反しないはずです。

結局、経済性とのバランスを考えなければならないのは、快適性です。

前述した太陽熱や風を利用したパッシブソーラーや太陽熱温水器などをとり入れるのがよいでしょう。

いずれにしても、良心的で知識のある設計者・施工者に頼むことが、経済性とのバランスを実現する上で重要なポイントとなるのです。

考古学上の発見資料によると、明らかに、農耕や文字は数千キロも離れて住んでいた別々の人間集団によって、個々に発見されたということが証明されつつある。
だが、冶金術の場合はきわめて精巧な技術を必要とするので、この技術の経路は文明の発祥地から旧大陸全土へと伝播していったと現在でも考えられています。
冶金術の知識は近東から生じて、西方はヨーロッパ大陸に流れ出し、そこからイギリス諸島に及んだばかりでなく、東方はインド亜大陸にも伝わり、またおそらくは、まだ知られていない幾つかのルートを通って中国や東南アジァにも伝わったと見るべきでしょう。
ロートアイアンなどの金属の使用がたとえどのように普及したとしても、人間の火に対する知識の発達以上に貢献したものはほかにないでしょう。
それよりずっと以前に火が洞窟を温め、肉の調理に役立つことを知ったのと同じように、人間はおそらく偶然の機会から、銅のような金属に熱を加えると変形しやすくなることを発見したのでしょう。

12世紀末のロンドンのフットボールでは、競技をする者とそれを見物する者とがそれほど明瞭に区別されていなかったことが分かっています。
また、すでにその当時、フットボールはかなり激しく荒っぽい競技になっていたようです。
つまり12世紀末のフットボールは、工業化以前のイングランド各地で行なわれたフットボールと同じ特徴をすでに備えていたのです。
この頃には、すでにサッカーユニフォームの原型のようなものが出来上がっていたようですね。
さて、『禁止令』に出てくる「あの人気のある球技」がフットボールを指しているかは疑わしいとか、「あの人気のある球技」はフットボールではなくテニスである、といった意見もあります。
しかし、たとえそのような意見が正しく、フィッツスティーヴンの文章に出てくる球技はテニスであったとしても、中世のイングランドにおいてフットボールが人気を博していたことまでも否定することはできません。
・・・というのは、イングランドでは14世紀初めからたびたびフットボール禁止令が出されているからです。
ジェイムズ・ウォルヴィンは、『民衆のゲーム』と題されたすぐれたフットボール史研究のなかで
「19世紀までのフットボール史は、フットボールに対する抑圧の観点から書くことが可能である」
・・・と述べていますが、まさにイングランドにおける初期のフットボールの歴史は、繰り返し発布された禁止令の歴史であるといっても過言ではないのです。

言語中枢にあたるテレビの内部の機械は同じものであっても、チャンネルを切りかえることによって一時に1つのプログラムだけが写されます。
このように、子供の場合は、英語には英語の通路、日本語には日本語の通路が発達するわけです。
大人が外国語を学習する場合は母国語が介入します。
英語を聞いては日本語に訳して考え、英語を話そうとしてはまず日本語で考えてから英語に訳そうとします。
これは数秒毎にテレビのチャンネルを切りかえ切りかえして、2つの違ったプログラムを一緒に見ようとするのと似ています。
しまいには2つの番組が頭の中で混同してしまい、何が何だかわけがわからなくなってしまいます。
石川遼 英語と日本語を同時に使用することは大変な精神的エネルギーを必要とします。
間もなく消耗して頭の働きがにぶり、ことばへの反応時間が長くなります。
それはしばしば致命傷となります。

生物は栄養素摂取量の多少とそのバランスの如何とによっていろいろな変化を示す。
人間もまた同様である。
極端な栄養素不足により生物は死亡する。
その手前の段階では欠乏に由来する各種の病気がみられる。
どんな栄養素が(あるいはどのような組み合わせで各種栄養素が)不足しているかによって病状は異なる。
臨床的な健康障害とまではいかないまでも、検査をすると各種の生理的機能に変化のみられることがある。
このときの変化も栄養素の種類によってそれぞれ独特なものがある。
一見健康に暮らしている人でも、この段階の栄養欠陥をもっている人はかなりみられる。
摂取している栄養素の量が不足しているかどうかは、栄養素自体あるいは栄養素の代謝産物の血液・尿・毛髪中の濃度・排泄量を調べて見当をつけることができる。
栄養素の過剰摂取は、通常はエネルギーを中心に、それと同時に各種栄養素の摂取も増えるという様態をとることが多い。
また、不足しているビタミンなどモリンガをなどのサプリメントで補っている人もいるので、食事だけでは栄養の摂取状況は分からない。

1 2 3